大会の歴史

大会の歴史

第68回大会

←前の大会

次の大会→


大会名:第68回びわ湖毎日マラソン大会
兼 第14回世界陸上競技選手権大会(2013/モスクワ)代表選手選考競技会
兼 第97回日本陸上競技選手権大会 男子マラソン
日 時:2013年3月3日12時30分スタート
天 候:曇り、温度6.3度、湿度60%、南南西の風1.2m
コース:大津市・皇子山陸上競技場発着−新瀬田浄水場折返
出場者:出場268人、完走215人


2011年世界選手権(大邱)銀メダリストのビンセント・キプルト(ケニア)が2時間8分34秒のタイムで優勝した。冷たい向かい風がふき、スローペースとなったレースは、ペースメーカーが外れた30km過ぎから外国人選手がペースを上げ、37km過ぎでキプルト、タリク・ジュファー(エチオピア)、ジェームス・ムワンギ(ケニア・NTN)が抜け出し、更にスピードアップした40km以降ではムワンギが脱落。キプルトとジュファーの一騎打ちとなり、残り150mでスパートしたキプルトが優勝した。
世界選手権(モスクワ)選考競技会だった今大会は、終盤も前を追う姿勢で粘りの走りを見せた藤原正和(Honda)が2時間8分51秒で日本勢トップの4位に入り、世界選手権代表に選出された。藤原選手以外にも、山本亮(佐川急便)、石川末広(Honda)、松村康平(三菱重工長崎)が入賞を果たした。


順位 氏名 都道府県 (所属) 記録
1 V・キプルト ケニア  2:08:34 
2 T・ジュファー エチオピア  2:08:37 
3 J・ムワンギ 三重(NTN/ケニア)  2:08:48 
4 藤原 正和 埼玉(Honda)  2:08:51 
5 山本  亮 京都(佐川急便)  2:09:06 
6 石川 末廣 埼玉(Honda)  2:09:10 
7 松村 康平 長崎(三菱重工長崎)  2:10:12 
8 V・ロスリン スイス  2:10:18 
9 足立 知弥 宮崎(旭化成)  2:10:22 
10 田村 英晃 東京(JR東日本)  2:10:54 

←前の大会

次の大会→